2015年3月25日水曜日

衣類の防虫&水虫対策

イギリスは案外エコに熱心で、環境や人体に悪影響をもたらすというものは随分制限されてる様子。私はナフタリンもキッチンハイターも使ってきた日本人だが、それらの無いこの国で暮らしていくうち、だんだんエコっぽくなってきた。まあつまり「重曹xティーツリーオイルのサシェ」なんて作る人になってしまった。(サシェっていうのは防虫剤や乾燥剤等の入ってる小袋のこと)

現在の我が家では、衣類の防虫防カビ剤は「樟脳」と「重曹xティーツリーオイル」のサシェを併用している。

重曹の消臭力

ある時、換気扇の掃除で使う洗剤は何が良いのか検索してたら、重曹が良いとやたらと目にした。使い方は振りかけて濡れたスポンジでこするだけ、何ともシンプルだが驚く程簡単に、あの油のベタベタが落ちた。洗面台やキッチンシンクの排水溝に振りかけお酢を垂らして少し置きお湯で流せばぬめりも臭いも取れる、また茶渋取りにも使えるし、脱臭効果もかなりのものだ。
こんなのを人間が食べてもイイというのがある意味スゴイ。。。

ちなみに、重曹はbicarbonate of soda、ベーキングパウダーは重曹にスターチ等を混ぜたものである。また、食用ではない掃除用重曹もホームセンターで売っている。

水虫にも効くティーツリーオイル

イロイロとググってるウチに興味深いエッセンシャルオイル(アロマテラピー等で使われるオイル)を見つけた。詳しい人には「今更?」と言われそうだが、このティーツリーオイルの万能ぶりを知ったら、ケチな私も買ってしまった。

オーストラリアが原産でアボリジニの間では古くから薬として使われてきたそうだ。強力な殺菌消毒効果があるとかで、虫除けにも効くらしい。確かにこれを植物の置いてあるキッチンで焚くようになってから小さな虫が飛ぶのを見かけなくなった気がしないでもない。また、菌の繁殖を押さえるというのでお風呂場にスプレーするとカビが出にくいとあちこちで書いてある。ということで、洗濯物は部屋干しな我が家では洗濯する時にちょっとだけ混ぜている。匂いは何だか胃薬みたいで微妙だが「良薬口に苦し」と思えば、アリかなと。
ニールズヤード
アロマテラピー本場は英国、英国のアロマオイルと言えばNeal's Yard。5mlのボトルはまずはお試しで丁度良いかも。
生活の木
日本ではよく知られたメーカー、実店舗も各地にあるよう。様々な使い方が紹介されているアマゾンレビューは参考になりそう。
Thursday Plantation
本場オーストラリアのこのメーカーは価格が何ともお手頃で良心的。殺菌、掃除、様々なところで遠慮なく使えそう。
そしてなんと、このティーツリーオイル、水虫とか爪の水虫に効くらしい!しつこい白癬菌にも威力を発揮するって結構スゴイ。どう使うかと言うと足湯数滴たらすとか、綿棒などで直接塗るとか書いてある。まあ個人的にはエッセンシャルオイル原液を直接触るにはちょっと抵抗あるんだけど。とにかく日本語でも英語サイトでもこんな情報を沢山見かけた。

衣類の防虫剤を作る

早速、重曹にティーツリーオイルを混ぜたものをサシェにして、靴の中からタンスの中までアチコチに置きましたとも。
近所にある健康志向ショップHOLLAND & BARRETでティーツリーオイルを購入、重曹は以前モリソンズで買った食用のもの。

重曹にオイルを垂らしてよく混ぜて、袋状に縫ったサシェに入れた。お茶パックが簡単で良さそうだけど、この国にはそんなモノはない。 基本的には衣類の防虫防カビには重曹だけでも十分効果はあるようだから好みの香りのオイルを使っても効果はあるみたいだけども、私は念には念を入れてティーツリーオイルを使用。
裁縫で使う芯材でサシェ縫ったらイイ感じ。 古布や端切れで外袋になるものを縫って、中のサシェだけ交換できる仕様。

完成がこちら。ハンガーなどに結わいたりぶら下げられるようにリボンを付けてみた。
ホントは古くて履かないタイツでも使おうと思ったんだけど、それをぶら下げるとあまりに貧乏臭くなるのでやめといた。

購入した樟脳はボタンサイズ4粒x20包。前回はガーゼみたいな布で包んだら気化するのが早過ぎたのか、部屋が樟脳臭くなった上1ヶ月持たずに消えてなくなった。今回はコピー用紙にくるんでミシン止め、匂いもそれほどキツくなくて良い感じ。これと、重曹xティーツリーオイルをアチコチにいれたんだけど、なんか効きそうでしょ!?
コピー用紙を何故ミシンで縫ったのかって?そんなのソコにミシンがあったからに決まってます。そこらへんはテキトー。

そう、この樟脳の匂いがワードローブ(いわゆる押し入れ)から部屋に流れ込む前に、重曹パワーで消臭されていくっていう仕組みです。自分では名案だと思ってるんだけど!?