2015年11月1日日曜日

ハロウィンのジャック・オ・ランタン作ってみた。

ハロウィンが近づくとジャック・オ・ランタン制作用のカボチャがスーパーに並びます。私は今回初めて買って作ってみたけど、思ったよりも柔らかくて彫りやすく、意外に簡単に出来上がります。所要時間は1−2時間あれば十分。注意事項は、カボチャを見つけたらすぐ買うこと!この時期だけしか出回らないタイプのカボチャなので買いそびれると手に入りにくいようです。

かくいう私も、実は当日、近所のスーパー全部まわったけど時既に遅し、隣町のスーパーもハシゴして最期の一個をやっと手に入れました。それから家に帰り着いたのが夕方5時、彫り始めたのが夕方6時、外に置いたのが6時40分頃で、その10分後くらいに第一陣の子供達がやってきました。来年はちゃんと準備しようと思います、ハイ。。。

では作り方、全体的に試行錯誤で適当ですけども。

材料:油性のマジック、工作用カッターナイフ、マニキュア用除光液、中に入れるキャンドル。

まずはヘタの部分がフタになるように切り取る。中心に向けて角度をつけて切らないとフタした時に中にスポッとおっこちる。

スプーンで中をくりぬく。種とその付近の繊維を奇麗にするようにほじれば十分な感じ!?

カボチャサイズに合わせて描いた(加工した)下絵をステンシルの要領で切り抜く。私は慌ててたのでかなりいい加減だったけど。。。

セロテープでカボチャにはって、油性マジックで線を描く。

線が随分ぐちゃぐちゃになっちゃったけど、除光液で消して描き直すのは面倒なので、このまま彫る事に。

大体できたら、除光液でマジックの線を消し調整。透かしの部分は浅いとキレイに出ない、ちなみにこれじゃまだ浅かった。

中にキャンドルを入れて完成!透かし部分が不安だったけど難しくはなかったです。

え?その絵はハロウィンと関係ないって?ちびっ子達が喜んでたからいいのよー!


2015年10月12日月曜日

庭の写真とか。

いつかアップしたいと思っていた庭の写真が結構溜まってきてるのですが、もう冬になってしまうのでボチボチまとめてあげていこうかなと思います。気が向いたら見てやってください。


こちらは6月あたりの写真です。この中央の竹の支柱は、見えにくいけど
まだか弱いジャスミン(Jasminum officinale)を支えています

小さな苗を去年の秋購入し、今年の春先に地植えしました。

そして少し前に撮ったのが下の写真、この夏で随分大きくなりました。
モリソンズ(普通のスーパー)で2ポンドで購入したけど、アタリ。

シュートもどんどん出て株もしっかりしてきています。

こちらはみょうが、去年1本小さな苗を植えたのですが、今年はずいぶん増えました。
みょうがは東洋の植物で苗で増えるもの。売ってる所なかなかないんです。

実もいくつかなったけど、勿体なくて食べ時を逃しました。。。

こちらはおまけ。ポストに入ってた「便利グッズ通販カタログ」の1ページ。
ナメクジ立ち入り禁止ネットらしいのですが、効果の程はわかりません。

とりあえず、今回はこのくらいにしておきます。
次回は根腐れしたユーカリの復活劇あたりかな!?あ、興味ない?

では、ここまでお越しいただいた皆様、どうもありがとうございました!

2015年6月9日火曜日

初心者ガーデニング、その後。

こちら、うちのベイ(ローリエ・月桂樹)です。ワカル人には一目で「あちゃ〜」ワカラナイ私はこんなになるまで放置してしまいました。。。葉っぱの裏から茎に密集しているこのイボイボ全て「カイガラムシ(Scale insects)ってヤツらしいです。

対策をネットで調べてみると、歯ブラシでこすって落とすって書いてあったので、試してみたけどもう全体がコレだから。。。それにしても虫ってのは虫らしい形でもなんだかよくわかんない形でも気持ちワル〜。

もうこうなったらケミカルウエポン!スプレー剤をまんべんなくかけてから一晩置いてみました。コレは当分食べないから薬まみれで結構ケッコウ。でも一応、野菜用。

そして翌日、虫が弱ったところで(?)庭の散水ホース、水圧絞ってウオーターキャノン!敵はナカナカイイ感じに吹っ飛びました。もちろんこの後私もシャワー直行。

一連の作業後が下の写真、だいぶ見違えたでしょ!?

歯ブラシも使いつつせっせと作業を続けるうちにかなりキレイになりました。この虫がたかった葉っぱは料理に使う気にはならないけど、丸坊主にするのはやっぱり気が引けてね。元気に新芽が育って欲しいものです。


さて、ベイが一見落着したとこで、実は他にもイロイロとね、あるんです。。。
去年ウチにやってきた箱入り娘の柚子ちゃんも、いつからか葉裏に黒い点が無数に出て来て気になってたので調べてみたらグンバイムシとやらの仕業のようす!?これも散水ホース使って一気に洗ったあと、薬剤で一枚一枚拭いてみたけど、どうかな?


そしてユーカリ、新しい鉢に植え替えしたら水持ちよくなったと思ったら根腐れしてきちゃったみたい。化粧鉢直植えは良くないってこういうことか。。。

そしてとうとう私もバラの天敵チュウレンバチ(Large Rose Sawfly)と遭遇し運命の対決をしました。対策としては手で掴む(その後はゴニョゴニョ)ってよく見るけど、園芸初心者はおっかなビックリ洗濯バサミでね。。。。茎中に植え付けられた卵はようじと針で搔き出してみたものの全部いけたかな!?よりによって今一番期待のシュートをやられてしまいました。
オルトランのような浸透移行性の殺虫剤が欲しいなあと思う今日このごろ、英国内で似たタイプのもの探してるのですが見当たりません。もしもご存知の先輩方、良い対策知ってるワヨ〜、という方がいたら是非教えてください。



2015年5月3日日曜日

英国最大規模チェーン「雑貨」屋(?)ーTK MAXー

アウトレットをうたってはいるが巨大雑貨屋またはプチプラ的なホーム用品のお店TK MAX(ティーケーマックス)は「別に無くても困らないモノ」しか売ってない。つまり、トイレットペーパーや洗剤等の日用品、食料品などの生活必需品はないのだが、散歩のついでに見て歩くには楽しい店だ。最近、私のウィンドーショッピングはもっぱらココか、ホームセンターWikoである。

ここで具体的に何が売っているのかと言えば、ちょっとした家具から、洋服に靴や鞄、クッションやらお風呂場の小物、キッチン用品などは四季を通じて充実している。クリスマスの時期はオリーブオイルの詰め合わせにチョコレートなどのプレゼント商品が並び、春先になると、庭に置きたくなるようなガラクタ達がわんさか出て来る。
そりゃあお金があったらウッカリ買ってしまうのかもしれないが、無駄遣いできる余裕の無い私は「み〜て〜る〜だ〜け〜」知ってる人いるかなコレ。。。!?

中央のアイボリーのタワーみたいなの、なんていうのかな、ちょっとよくない!?
手前のステップになってるのもイイ感じ〜。
このワイヤープランターに小さな植木鉢をいくつか入れて。。。
とか、考えてみたり。

ハンギングバスケットもぶらさげるところがあれば欲しいんだけど。
バスケットは時々ここで購入。種類は案外充実してて値段もリーズナブル。
キッチン用品エリアにはワイヤーバスケットからワインラックまで
あれば便利そうなモノがイロイロ。。。

え?ウィンドウショッピングならプライムマークの方が良かった!?日本にも進出したようだけど商品は同じなのかは確かにチョット気になる。。。個人的にはしまむらを支持するけども。

では、今回もここまでお付き合いいただいた皆様、どうもありがとうございました。
ゆっくりお休みなさい〜。

2015年4月28日火曜日

生霊?ドッペルゲンガー?

日曜にロンドンマラソンを見に行って来た。古い友人のタケシが走ると聞いていたので応援に行った。

タケシは日系イギリス人で、私がイアンと出会う前はよく一緒に遊んだ、単行本の婚活の章にもちょこちょこ登場している男友達だ。私とイアンが結婚した後はイアンに対してもとても良くしてくれている。

そんな彼の初めてのフルマラソンの応援に、私達はグリニッジに出掛けた。沿道の人ごみをかき分けて住宅街方面の比較的人が少なめなエリアまでどんどん歩いて何とか人垣の一番前を陣取った。左手方向からランナーがやってきて右手の方向に走り去る、まっすぐな道路脇に詰め寄る観客は、身を乗り出しすぎないようにしながらも、皆だいたい左側を向いていた。

観客でごった返しているグリニッジ駅付近

ふと振り返るとイアンとはぐれてしまっていたのに気付いたが、でもまあ、それは後でどうにかなる。
まずは続々と現れて走り去って行くランナー集団の中からタケシを探す事に集中する事にした。コレが思ったよりも至難の業だなと思ってた矢先、

いた!タケシが目の前に現れた

彼はかなりの路肩を走っていたため隣の人で死角になっていたのか、気付いた時には既に手を伸ばせば届くほどの距離にいた。

ランナーの数は3万8千人を越える

私は反射的に「タケシー!」彼の名前を叫んだが、彼は私に見向きもせず通り過ぎた。それでも私はその背中に向かって「がんばれー!」と日本語で叫んだが、彼は右腕にした四角い時計でタイムを気にするそぶりを見せただけで、そのちらりと見えた横顔は何も聞こえていない様子であった。

これだけ近くで気付かないものかなと思ったが、とりあえず姿を見れたのでヨシとした。そしてすぐ、先ほどはぐれたイアンが現れたので、タケシを見つけた事、自分のすぐ目の前を走って行った事を伝えた。
向かって右手方向に走り去って行く彼の後ろ姿の写真を2枚撮ったつもりだったが、その写真に映っていたのは左手側の地面であった。
慌てていたにしても、あまりに変なトコでシャッターを押したなと思った。

実はここで一つだけ気になっていたことがあった。私が見送った彼の後ろ姿は事前に知らされていたゼッケンのついたベストを着ておらず、普通の白のTシャツであった。しかし私は彼の背格好と髪型、表情を間近でハッキリと見ていた。東洋人の参加者が圧倒的に少ないこのイベントで、他人のそら似などとは微塵にも思わなかった。

レースの後、私はタケシに声をかけたが気付かなかった様子だったと伝えたところ、彼は私達の事を探したのだが見つからなかったと言った。
そして彼のフェイスブックに上がっていた写真を見た。

写真の彼は、私の見た彼とは違う服装、事前に教えてくれたとおりの格好をしていた。

左腕の時計だけが、似ているように思えた。
それを見て私は

レース中にどっかで着替えたのかな?

しばらくの間は本気でそう思っていた。こういう事に不慣れな人間なもので。

↓ロンドンマラソン当日の詳しい模様はこちら↓
http://www.bbc.co.uk/news/uk-england-london-32463424

2015年4月10日金曜日

イングリッシュ•ガーデンへの道のり




そう、実は去年、やらかしていました。
その残念なバラの写真は、もうちょっと下の方にあります。


昨年の6月、近所のガーデンセンターでバラを買ったのですが

アイスバーグのクライマー(ツル)の一番元気そうだったヤツが


この手前のスペースに咲き誇る姿を想像していたんだけど


私のせいで、この有様。


根っこ切ってしまったせいで、しんなりしちゃって元気なくなってしまいました。

こんな失敗の対策をまたネットで検索し
日差し雨風避けの不織布と椅子を使って集中治療室をつくってみたけど


回復はみられないので、ツボミ含めて先っちょは全部切り落としました。
ツボミ持ってるバラを6月に植木鉢から出す素人、ヤダわあもう。

その後アイスバーグは復活したけど、今年の1月はこんな感じ。
 軽く剪定して葉っぱを落として、というか
先っちょだけ葉っぱ残してあるのは不安の現れ!?
モチロン寒肥も入れてあるので準備万端!の、つもりです。


最近暖かくなってきて、シュートがどんどん伸びてきました。


一時はもうダメかとも思ったけど、現在はこのように元気です。
このそれぞれのシュートの先っちょに花が付くということですが
今年こそうまく咲いてくれるといいんだけど。


ついでに、ウチのオリーブも見る?ってか、ここまで来たら付き合っていただかないと。

去年、半分枯れかけ6ポンドの鉢植えをホームセンターで見つけて
枯れる覚悟で買ってみたけど、案外元気でした。

これは購入後2、3ヶ月くらいの写真です。黄緑の部分が新芽です。



そしてこちらが最近の写真。アングルが同じなのは偶然!
ちょっとは大きくなった気がしないでもない?


とまあ、こんな庭ネタなんて興味ない人には面白くないけど
コッチのブログはマイナーネタも遠慮なくどんどんいきます。
キレイな庭が出来たら当然アメブロで見せびらかすけど
コッチは裏ブログだからね〜。

では今日も長々とお付き合い、どうもありがとうございます。

2015年3月25日水曜日

衣類の防虫&水虫対策

イギリスは案外エコに熱心で、環境や人体に悪影響をもたらすというものは随分制限されてる様子。私はナフタリンもキッチンハイターも使ってきた日本人だが、それらの無いこの国で暮らしていくうち、だんだんエコっぽくなってきた。まあつまり「重曹xティーツリーオイルのサシェ」なんて作る人になってしまった。(サシェっていうのは防虫剤や乾燥剤等の入ってる小袋のこと)

現在の我が家では、衣類の防虫防カビ剤は「樟脳」と「重曹xティーツリーオイル」のサシェを併用している。

重曹の消臭力

ある時、換気扇の掃除で使う洗剤は何が良いのか検索してたら、重曹が良いとやたらと目にした。使い方は振りかけて濡れたスポンジでこするだけ、何ともシンプルだが驚く程簡単に、あの油のベタベタが落ちた。洗面台やキッチンシンクの排水溝に振りかけお酢を垂らして少し置きお湯で流せばぬめりも臭いも取れる、また茶渋取りにも使えるし、脱臭効果もかなりのものだ。
こんなのを人間が食べてもイイというのがある意味スゴイ。。。

ちなみに、重曹はbicarbonate of soda、ベーキングパウダーは重曹にスターチ等を混ぜたものである。また、食用ではない掃除用重曹もホームセンターで売っている。

水虫にも効くティーツリーオイル

イロイロとググってるウチに興味深いエッセンシャルオイル(アロマテラピー等で使われるオイル)を見つけた。詳しい人には「今更?」と言われそうだが、このティーツリーオイルの万能ぶりを知ったら、ケチな私も買ってしまった。

オーストラリアが原産でアボリジニの間では古くから薬として使われてきたそうだ。強力な殺菌消毒効果があるとかで、虫除けにも効くらしい。確かにこれを植物の置いてあるキッチンで焚くようになってから小さな虫が飛ぶのを見かけなくなった気がしないでもない。また、菌の繁殖を押さえるというのでお風呂場にスプレーするとカビが出にくいとあちこちで書いてある。ということで、洗濯物は部屋干しな我が家では洗濯する時にちょっとだけ混ぜている。匂いは何だか胃薬みたいで微妙だが「良薬口に苦し」と思えば、アリかなと。
ニールズヤード
アロマテラピー本場は英国、英国のアロマオイルと言えばNeal's Yard。5mlのボトルはまずはお試しで丁度良いかも。
生活の木
日本ではよく知られたメーカー、実店舗も各地にあるよう。様々な使い方が紹介されているアマゾンレビューは参考になりそう。
Thursday Plantation
本場オーストラリアのこのメーカーは価格が何ともお手頃で良心的。殺菌、掃除、様々なところで遠慮なく使えそう。
そしてなんと、このティーツリーオイル、水虫とか爪の水虫に効くらしい!しつこい白癬菌にも威力を発揮するって結構スゴイ。どう使うかと言うと足湯数滴たらすとか、綿棒などで直接塗るとか書いてある。まあ個人的にはエッセンシャルオイル原液を直接触るにはちょっと抵抗あるんだけど。とにかく日本語でも英語サイトでもこんな情報を沢山見かけた。

衣類の防虫剤を作る

早速、重曹にティーツリーオイルを混ぜたものをサシェにして、靴の中からタンスの中までアチコチに置きましたとも。
近所にある健康志向ショップHOLLAND & BARRETでティーツリーオイルを購入、重曹は以前モリソンズで買った食用のもの。

重曹にオイルを垂らしてよく混ぜて、袋状に縫ったサシェに入れた。お茶パックが簡単で良さそうだけど、この国にはそんなモノはない。 基本的には衣類の防虫防カビには重曹だけでも十分効果はあるようだから好みの香りのオイルを使っても効果はあるみたいだけども、私は念には念を入れてティーツリーオイルを使用。
裁縫で使う芯材でサシェ縫ったらイイ感じ。 古布や端切れで外袋になるものを縫って、中のサシェだけ交換できる仕様。

完成がこちら。ハンガーなどに結わいたりぶら下げられるようにリボンを付けてみた。
ホントは古くて履かないタイツでも使おうと思ったんだけど、それをぶら下げるとあまりに貧乏臭くなるのでやめといた。

購入した樟脳はボタンサイズ4粒x20包。前回はガーゼみたいな布で包んだら気化するのが早過ぎたのか、部屋が樟脳臭くなった上1ヶ月持たずに消えてなくなった。今回はコピー用紙にくるんでミシン止め、匂いもそれほどキツくなくて良い感じ。これと、重曹xティーツリーオイルをアチコチにいれたんだけど、なんか効きそうでしょ!?
コピー用紙を何故ミシンで縫ったのかって?そんなのソコにミシンがあったからに決まってます。そこらへんはテキトー。

そう、この樟脳の匂いがワードローブ(いわゆる押し入れ)から部屋に流れ込む前に、重曹パワーで消臭されていくっていう仕組みです。自分では名案だと思ってるんだけど!?